menu

ヘビギンポ

越前海岸の普通種ですが、コンデジで手軽に撮影できる被写体として人気です。

写真を撮ろうと近づくと、岩の上をチョコチョコ移動して影に隠れてしまいます。

こちらは1センチくらいの幼魚です。表情があり正面からでも可愛いです。

ヘビギンポの幼魚はバックを工夫するととてもキュートに撮れます。
上を見ているみたいですね。

初夏に婚姻色になります。
オスが真っ黒に、メスは尻尾がシマシマに。

コウライトラギス

ホンベラ

関連記事

  1. アミメハギ

    フォトジェニックな被写体として人気のアミメハギ。水玉模様が特徴です。…

  2. オハグロベラ

    夏頃婚姻色になったオスを見て、「あの魚なに!?」と聞かれるオハグロベラ。確…

  3. ハオコゼ

    越前の人気の被写体であるハオコゼは、コンデジでも撮影しやすいのでオススメで…

  4. サビハゼ

    アゴヒゲが特徴のハゼです。砂地に住んでいて、体色は写真より薄めに見えます。…

  5. クツワハゼ

  6. スズメダイ

    中層を群れている越前を代表する魚と言えばスズメダイです。一見地味な魚ですが…

  7. ホウボウ

    越前の春にぜひ見ておきたい幼魚と言えば、1番にあげられるのはホウボウの幼魚…

  8. ハナタツ

    越前海岸のタツノオトシゴは、今のところ4種類見られています。見分け方は簡単…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP