menu

ハナタツ

越前海岸のタツノオトシゴは、今のところ4種類見られています。
見分け方は簡単で、ひょろ長くてもじゃもじゃな(皮弁)がある子がハナタツ
です。

ノーマルな海草と同じ色のハナタツ

そして、越前では数は少ないですが、伊豆などに
いるような赤い色の子。

ぜひ探して見てください。

アオハタ

ニジギンポ

関連記事

  1. ドロメ

    実際見てみるとやや地味な色なだけなのに、残念な名前のドロメ。…

  2. サビハゼ

    アゴヒゲが特徴のハゼです。砂地に住んでいて、体色は写真より薄めに見えます。…

  3. テンガイハタ

    越前海岸ではトップシーズン以外の時期(冬から夏前くらい)に深海魚が見られる…

  4. オニオコゼ

    砂地や岩の上にじっと動かない状態でいるので、見つけるのが難しいです。背びれ…

  5. ホシノハゼ

    砂地に住むパッと見地味な色のハゼ。近似種のクツワハゼとは、似ていて見分けが…

  6. ホソウミヤッコ

    越前のヨウジウオの仲間でよく見られるのが、このホソウミヤッコです。 ホソウ…

  7. ノコギリヨウジ

    越前でヨウジウオというと、茶色の地味な子を思い浮かべますが、夏時期に岩の…

  8. マゴチ

    砂地に大きな魚がじっとしていると、たいていこのマゴチです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP