menu

ハナタツ

越前海岸のタツノオトシゴは、今のところ4種類見られています。
見分け方は簡単で、ひょろ長くてもじゃもじゃな(皮弁)がある子がハナタツ
です。

ノーマルな海草と同じ色のハナタツ

そして、越前では数は少ないですが、伊豆などに
いるような赤い色の子。

ぜひ探して見てください。

アオハタ

ニジギンポ

関連記事

  1. シュンカンハゼ

    越前海岸のハゼでもなかなか目にすることが少ないのが、シュンカンハゼです。…

  2. オオカズナギ

    越前海岸の生物では細長いギンポみたいな魚と言えば何種類か見ることができます…

  3. キヌバリ

    「日本海で見たい魚はなんですか!?」聞くと「キヌバリが見たい」とよく言われ…

  4. トウカイナガダルマガレイ

    越前浮遊系シーズンに見られた、ほとんど透明な魚です。カレイ…

  5. マゴチ

    砂地に大きな魚がじっとしていると、たいていこのマゴチです。…

  6. クツワハゼ

  7. カサゴ

    越前で見れないことはないと言いきれるくらい、1番の普通種です。岩の上に乗っ…

  8. オハグロベラ

    夏頃婚姻色になったオスを見て、「あの魚なに!?」と聞かれるオハグロベラ。確…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP