menu

ニジギンポ

越前の夏から秋にかけて、サザエの殻やカキ殻から顔を覗かせている
ギンポがこの子です。
よく見て見るとオレンジの卵が見えるはずです。

ダイバーが覗き込むと奥に引っ込んだり、出てきたりと
とても困った感じですが、相手が魚だったりすると

ご覧のようにひるむことなく立ち向かいます。
一生懸命外敵から卵を守る姿は、とても愛らしいですね。

動画でもどうぞ!

ハナタツ

キヌバリ

関連記事

  1. マトウダイ

    越前海岸では成魚を見ることは稀ですが、5月6月頃の期間限定で幼魚を見ることが…

  2. オニオコゼ

    砂地や岩の上にじっと動かない状態でいるので、見つけるのが難しいです。背びれ…

  3. クサフグ

    越前でダイビング中に見られるフグの代表と言えば、クサフグです。初夏に浅場で…

  4. ヨロイメバル

    越前では比較的珍しいヨロイメバル。体の模様で、識別は用意です。カサゴのよう…

  5. ハオコゼ

    越前の人気の被写体であるハオコゼは、コンデジでも撮影しやすいのでオススメで…

  6. ヒメタツ

    越前海岸のタツノオトシゴの種類が増えました。それが、ヒメタツです。特徴は頭と…

  7. イシダイ

    越前海岸で根魚の代表選手は、文句なしイシダイです。その中でも縞模様が消えてい…

  8. ナベカ

    越前の魚でナベカは人気です。特段珍しくなく、水面下10センチの水深から見れ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP