menu

ニジギンポ

越前の夏から秋にかけて、サザエの殻やカキ殻から顔を覗かせている
ギンポがこの子です。
よく見て見るとオレンジの卵が見えるはずです。

ダイバーが覗き込むと奥に引っ込んだり、出てきたりと
とても困った感じですが、相手が魚だったりすると

ご覧のようにひるむことなく立ち向かいます。
一生懸命外敵から卵を守る姿は、とても愛らしいですね。

動画でもどうぞ!

ハナタツ

キヌバリ

関連記事

  1. ノコギリヨウジ

    越前でヨウジウオというと、茶色の地味な子を思い浮かべますが、夏時期に岩の…

  2. シュンカンハゼ

    越前海岸のハゼでもなかなか目にすることが少ないのが、シュンカンハゼです。…

  3. オニオコゼ

    砂地や岩の上にじっと動かない状態でいるので、見つけるのが難しいです。背びれ…

  4. ナベカ

    越前の魚でナベカは人気です。特段珍しくなく、水面下10センチの水深から見れ…

  5. ドロメ

    実際見てみるとやや地味な色なだけなのに、残念な名前のドロメ。…

  6. キヌバリ

    「日本海で見たい魚はなんですか!?」聞くと「キヌバリが見たい」とよく言われ…

  7. オハグロベラ

    夏頃婚姻色になったオスを見て、「あの魚なに!?」と聞かれるオハグロベラ。確…

  8. ホシギンポ

    越前でカエルウオと言えば、ホシギンポです。見れる水深が浅くダイビングという…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP