ニジギンポ

越前の夏から秋にかけて、サザエの殻やカキ殻から顔を覗かせている
ギンポがこの子です。
よく見て見るとオレンジの卵が見えるはずです。

ダイバーが覗き込むと奥に引っ込んだり、出てきたりと
とても困った感じですが、相手が魚だったりすると

ご覧のようにひるむことなく立ち向かいます。
一生懸命外敵から卵を守る姿は、とても愛らしいですね。

動画でもどうぞ!

ハナタツ

キヌバリ

関連記事

  1. コウライトラギス

    越前海岸のトラギスでオーソドックスな子は、コウライトラギスです。砂利の水…

  2. アイナメ

    早春にアイナメの幼魚を見ることができます。大きい魚に見つからないようにする…

  3. オハグロベラ

    夏婚姻色になったオスを見て、「あの魚なに!?」と聞かれるオハグロベラ。確か…

  4. クサフグ

    ダイビング中に見られるフグの代表と言えばクサフグです。下の写真のこの子は着底…

  5. サクラダイ

    越前海岸ではハナダイの仲間は珍しいですが、その1種がこのサクラダイです。…

  6. セジロハゼ

    越前海岸では、転石の下に隠れるように生息しているハゼの仲間です。…

  7. テンガイハタ

    越前海岸では冬から夏前くらいまで深海魚が見られるチャンスがあります。その中…

  8. ヒメジ

    越前の砂地で普通に見られる魚です。ナイトダイビングでは、色が変わって赤っぽ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP