menu

オオカズナギ

越前海岸の生物では細長いギンポみたいな魚と言えば何種類か見ることができます。

その中でも、たまに海草の上に乗っかって いる子と言えば、この子。 オオカズナギの幼魚です。

山口県の青海島では、毎年オス同士の戦いが見られることで人気になっていますが残念ながら、 越前海岸では成魚を見たことないです。

見つけることができれば、バトルも 見れるかもしれませんね。

撮影時期 5月 ポイント壁石浜 水深3m 水温15℃

ホテイウオ

関連記事

  1. オニオコゼ

    砂地や岩の上にじっと動かない状態でいるので、見つけるのが難しいです。背びれ…

  2. ヘビギンポ

    越前海岸の普通種ですが、コンデジで手軽に撮影できる被写体として人気です。…

  3. アミメハギ

    フォトジェニックな被写体として人気のアミメハギ。水玉模様が特徴です。…

  4. サビハゼ

    アゴヒゲが特徴のハゼです。砂地に住んでいて、体色は写真より薄めに見えます。…

  5. コウライトラギス

    越前海岸のトラギスでオーソドックスな子は、コウライトラギスです。砂利の水…

  6. キビレミシマ

    越前で見られるメガネウオの仲間です。ヒレが綺麗な黄色をしているキビレミシマ…

  7. スナビクニン

    越前のスナビクニンは年中見られています。ぜひリクエストください。…

  8. イソギンポ

    越前ではコケギンポの仲間が多いのですが、その中にイソギンポも見られます。数…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP