menu

オオカズナギ

越前海岸の生物では細長いギンポみたいな魚と言えば何種類か見ることができます。

その中でも、たまに海草の上に乗っかって いる子と言えば、この子。 オオカズナギの幼魚です。

山口県の青海島では、毎年オス同士の戦いが見られることで人気になっていますが残念ながら、 越前海岸では成魚を見たことないです。

見つけることができれば、バトルも 見れるかもしれませんね。

撮影時期 5月 ポイント壁石浜 水深3m 水温15℃

ホテイウオ

関連記事

  1. オニオコゼ

    砂地や岩の上にじっと動かない状態でいるので、見つけるのが難しいです。背びれ…

  2. ヒメタツ

    越前海岸のタツノオトシゴの種類が増えました。それが、ヒメタツです。特徴は頭と…

  3. トウカイナガダルマガレイ

    越前浮遊系シーズンに見られた、ほとんど透明な魚です。カレイ…

  4. タツノオトシゴ

    越前海岸で見られるメジャーなタツノオトシゴは、ザ・タツノオトシゴです。よく…

  5. スイ

    ヒレの型が独特の魚で、越前ではぜひ撮影して欲しい魚種の一つです。オ…

  6. ミノカサゴ

    季節来遊魚の代表種です。大きい個体は少ないですが、これほど小さい個体もレ…

  7. ニジギンポ

    越前の夏から秋にかけて、サザエの殻やカキ殻から顔を覗かせているギンポがこの…

  8. ホシノハゼ

    砂地に住むパッと見地味な色のハゼ。近似種のクツワハゼとは、似ていて見分けが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP