menu

チャガラ

越前で年間通して見られる定番ハゼの仲間です。
いつ潜っても見られる普通種ですが、時折ハッとさせられるくらい綺麗な瞬間を見せてくれます。

越前海岸の浅場で群れているピンク色の魚と言えば、このチャガラかウスメバルの幼魚のどちらかです。

特に夏前の極小の幼魚は、透明な部分とピンク色の部分があってとても綺麗です。

成魚になるとシマ模様がはっきりしてきます。
そして、その縞の1本は目を横切ります。。

幼魚の時期から、群れで生活しています。

浅場で幼魚が群れているピンク色の姿は、毎年人気があります。

アップで見るとピンクというよりオレンジ色に見れます。

キヌバリ

イチモンジハゼ

関連記事

  1. キビレミシマ

    越前で見られるメガネウオの仲間です。ヒレが綺麗な黄色をしているキビレミシマ…

  2. ナベカ

    越前の魚でナベカは人気です。特段珍しくなく、水面下10センチの水深から見れ…

  3. カサゴ

    越前で見れないことはないと言いきれるくらい、1番の普通種です。岩の上に乗っ…

  4. オオカズナギ

    越前海岸の生物では細長いギンポみたいな魚と言えば何種類か見ることができます…

  5. オニオコゼ

    砂地や岩の上にじっと動かない状態でいるので、見つけるのが難しいです。背びれ…

  6. ニジギンポ

    越前の夏から秋にかけて、サザエの殻やカキ殻から顔を覗かせているギンポがこの…

  7. スズメダイ

    中層を群れている越前を代表する魚と言えばスズメダイです。一見地味な魚ですが…

  8. キュウセン

    越前の代表する魚です。ダイバー周りにチラチラ集まってきます。オスの成魚はグ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP