menu

チャガラ

越前で年間通して見られる定番ハゼの仲間です。
いつ潜っても見られる普通種ですが、時折ハッとさせられるくらい綺麗な瞬間を見せてくれます。

越前海岸の浅場で群れているピンク色の魚と言えば、このチャガラかウスメバルの幼魚のどちらかです。

特に夏前の極小の幼魚は、透明な部分とピンク色の部分があってとても綺麗です。

成魚になるとシマ模様がはっきりしてきます。
そして、その縞の1本は目を横切ります。。

幼魚の時期から、群れで生活しています。

浅場で幼魚が群れているピンク色の姿は、毎年人気があります。

アップで見るとピンクというよりオレンジ色に見れます。

キヌバリ

イチモンジハゼ

関連記事

  1. ドロメ

    実際見てみるとやや地味な色なだけなのに、残念な名前のドロメ。…

  2. サビハゼ

    アゴヒゲが特徴のハゼです。砂地に住んでいて、体色は写真より薄めに見えます。…

  3. テンガイハタ

    越前海岸ではトップシーズン以外の時期(冬から夏前くらい)に深海魚が見られる…

  4. オニオコゼ

    砂地や岩の上にじっと動かない状態でいるので、見つけるのが難しいです。背びれ…

  5. ホシノハゼ

    砂地に住むパッと見地味な色のハゼ。近似種のクツワハゼとは、似ていて見分けが…

  6. ホソウミヤッコ

    越前のヨウジウオの仲間でよく見られるのが、このホソウミヤッコです。 ホソウ…

  7. ノコギリヨウジ

    越前でヨウジウオというと、茶色の地味な子を思い浮かべますが、夏時期に岩の…

  8. マゴチ

    砂地に大きな魚がじっとしていると、たいていこのマゴチです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP