ホテイウオ

冬の越前海岸で人気のダンゴウオの仲間です。
その中でもホテイウオの幼魚は、模様のバリエーションが豊富で人気です。
ノーマルのホテイウオ幼魚です。

ダンゴウオの幼魚との違いは目の上の白いラインです。
天使の輪もないです。
スタンダードな茶色(カジメ色)の幼魚です。
幼魚は環境によって色も変わるみたいですね。

うっすら赤い色の個体です。
背中の白い線模様も映えますね。

さらに幼魚は模様のバリエーションも豊富みたいです。
個人的には、ドット柄の子が好みです。若干引き気味で、環境を写し込んで撮ると可愛らしさが引き立ちます。
オススメのきれいなドット模様です。

流れドット!?
虫食いみたいな模様が面白いですね。

珍しい赤色ドット柄です。
一瞬??と思いました。
ダンゴウオとホテイウオの幼魚の大きさの比較です。
同じ幼魚でも、ダンゴウオより大きいです。

生息環境です。
当然カジメの表面は肉眼では見えませんが、デコボコしているだけではなく何か生えていたりするんですね。

ホテイウオ 幼魚1㎝くらい 見られる時期3月から4月

成魚は稀に見られます。

オオカズナギ

ホウボウ

関連記事

  1. ナベカ

    越前の魚でナベカは人気です。特段珍しくなく、水面下10センチの水深から見れ…

  2. アイナメ

    早春にアイナメの幼魚を見ることができます。大きい魚に見つからないようにする…

  3. テンガイハタ

    越前海岸では冬から夏前くらいまで深海魚が見られるチャンスがあります。その中…

  4. ハナタツ

    越前海岸のタツノオトシゴは、ノーマルのザタツノオトシゴとこのハナタツとの2…

  5. クサフグ

    ダイビング中に見られるフグの代表と言えばクサフグです。下の写真のこの子は着底…

  6. ヒメタツ

    越前海岸のタツノオトシゴの種類が増えました。それが、ヒメタツです。特徴は頭と…

  7. セジロハゼ

    越前海岸では、転石の下に隠れるように生息しているハゼの仲間です。…

  8. アミメハギ

    フォトジェニックな被写体として人気のアミメハギ。水玉模様が特徴です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP