ドロメ

実際見てみるとやや地味な色なだけなのに、残念な名前のドロメ。

特に幼魚はカラフルです。
こちらは上の個体よりさらに小さい個体です。
体の特徴がまだでていないです。

エムラミノウミウシ

マトウダイ

関連記事

  1. ホンベラ

    越前海岸で同じみのベラと言えばキュウセンと並びこちらのホンベラ。…

  2. オオカズナギ

    越前海岸の生物では細長いギンポみたいな魚と言えば何種類か見ることができます…

  3. ナベカ

    越前の魚でナベカは人気です。特段珍しくなく、水面下10センチの水深から見れ…

  4. マダラギンポ

    越前海岸で見られるギンポの仲間で、なかなか名前がわからなかったのがこのマダ…

  5. ノコギリヨウジ

    越前でヨウジウオというと、茶色の地味な子を思い浮かべますが、夏時期に岩の…

  6. シュンカンハゼ

    越前海岸のハゼでもなかなか目にすることが少ないのが、シュンカンハゼです。…

  7. スズメダイ

    中層を群れている越前を代表する魚と言えばスズメダイです。一見地味な魚ですが…

  8. ムスジガジ

    小さい頃は体は真っ黒ですが、ヒレにはシマシマの模様があります。ちょっと大き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP