menu

クサフグ

越前でダイビング中に見られるフグの代表と言えば、クサフグです。
初夏に浅場で群れているのを見ることができます。

着底したての幼魚です。
反対側の目が見えているくらいまだ体の大半が透けています。

背中を中心に色が濃くなってきました。

口の周りもだんだん黒くなって色が鮮やかに見えます。

体全体がシルバーになってます。
ヒレの透明をのぞけば、随分クサフグらしくなりました。

成魚は、砂に入って目だけ出している姿を目撃されます。
夏頃には、壁石浜の浅場で群をなしている様子を見ることができます。

イチモンジハゼ

イシダイ

関連記事

  1. ホシギンポ

    越前でカエルウオと言えば、ホシギンポです。見れる水深が浅くダイビングという…

  2. オハグロベラ

    夏頃婚姻色になったオスを見て、「あの魚なに!?」と聞かれるオハグロベラ。確…

  3. ハオコゼ

    越前の人気の被写体であるハオコゼは、コンデジでも撮影しやすいのでオススメで…

  4. サビハゼ

    アゴヒゲが特徴のハゼです。砂地に住んでいて、体色は写真より薄めに見えます。…

  5. クツワハゼ

  6. イシダイ

    越前海岸で根魚の代表選手は、文句なしイシダイです。その中でも縞模様が消えてい…

  7. ホウボウ

    越前の春にぜひ見ておきたい幼魚と言えば、1番にあげられるのはホウボウの幼魚…

  8. ホンベラ

    越前海岸で同じみのベラの仲間と言えばキュウセンと並びこちらのホンベラ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP