ヒメギンポ

オレンジ色のドット柄が特徴のギンポ。
岩陰にいるので水中ライトで探す必要があります。
冬から春にかけて雄の婚姻色は、体色が濃くなりとても綺麗です。

夏場には黒い体色が薄くなり、オレンジが目立つ体色に変化します。

ミノカサゴ

オニオコゼ

関連記事

  1. イソギンポ

    越前ではコケギンポの仲間が多いのですが、その中にイソギンポも見られます。数…

  2. オニオコゼ

    砂地や岩の上にじっと動かない状態でいるので、見つけるのが難しいです。背びれ…

  3. スズメダイ

    中層を群れている越前を代表する魚と言えばスズメダイです。一見地味な魚ですが…

  4. ムスジガジ

    小さい頃は体は真っ黒ですが、ヒレにはシマシマの模様があります。ちょっと大き…

  5. キュウセン

    越前の代表する魚です。ダイバー周りにチラチラ集まってきます。オスの成魚はグ…

  6. ニジギンポ

    越前の夏から秋にかけて、サザエの殻やカキ殻から顔を覗かせているギンポがこの…

  7. ホウボウ

    越前の春にぜひ見ておきたい幼魚と言えば、1番にあげられるのはホウボウの幼魚…

  8. クサフグ

    ダイビング中に見られるフグの代表と言えばクサフグです。下の写真のこの子は着底…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP