menu

オハグロベラ

夏頃婚姻色になったオスを見て、「あの魚なに!?」と聞かれるオハグロベラ。
確かに黄色と黒の体色はインパクト大です。
正面から見るとちょっと極悪ぽいですかね!?

オスの背びれが、2つに分かれてるのが特徴です。

産卵前には雄は縄張りを作ります。
縄張りに他の雄が近くと、体色を変えてヒレ全開で威嚇します。

さらに、縄張り争いが激しくなると大きく口を開けてケンカになります。

通常、幼魚は海草の隙間に隠れていますが、
さらに小さいステージは意外なことに砂地で見られます。
波にゆれ漂う姿勢は、このように尻尾をまるめています。

アオヤガラ

ホシギンポ

関連記事

  1. カサゴ

    越前で見れないことはないと言いきれるくらい、1番の普通種です。岩の上に乗っ…

  2. クツワハゼ

  3. キュウセン

    越前の代表する魚です。ダイバー周りにチラチラ集まってきます。オスの成魚はグ…

  4. ネンブツダイ

    越前に生息するテンジクダイの仲間です。通常は岩の影などに群れていま…

  5. ニジギンポ

    越前の夏から秋にかけて、サザエの殻やカキ殻から顔を覗かせているギンポがこの…

  6. ホシノハゼ

    砂地に住むパッと見地味な色のハゼ。近似種のクツワハゼとは、似ていて見分けが…

  7. コブダイ

    越前ではコブダイの成魚は臆病で間近で見れることはまれですが、それ以外の成魚…

  8. ムスジガジ

    小さい頃は体は真っ黒ですが、ヒレにはシマシマの模様があります。ちょっと大き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP