menu

オハグロベラ

夏頃婚姻色になったオスを見て、「あの魚なに!?」と聞かれるオハグロベラ。
確かに黄色と黒の体色はインパクト大です。
正面から見るとちょっと極悪ぽいですかね!?

オスの背びれが、2つに分かれてるのが特徴です。

産卵前には雄は縄張りを作ります。
縄張りに他の雄が近くと、体色を変えてヒレ全開で威嚇します。

さらに、縄張り争いが激しくなると大きく口を開けてケンカになります。

通常、幼魚は海草の隙間に隠れていますが、
さらに小さいステージは意外なことに砂地で見られます。
波にゆれ漂う姿勢は、このように尻尾をまるめています。

アオヤガラ

ホシギンポ

関連記事

  1. ヨロイメバル

    越前では比較的珍しいヨロイメバル。体の模様で、識別は用意です。カサゴのよう…

  2. アオヤガラ

    越前海岸ではアオヤガラはレアな魚です。季節来遊魚なのかはわからないですが、…

  3. アカイソハゼ

    越前海岸の岩の隙間にいる、とても臆病なハゼです。アカイソハ…

  4. ホウボウ

    越前の春にぜひ見ておきたい幼魚と言えば、1番にあげられるのはホウボウの幼魚…

  5. マダラギンポ

    越前海岸で見られるギンポの仲間で、名前がわからなかったのがこのマダラギンポ…

  6. スイ

    ヒレの型が独特の魚で、越前ではぜひ撮影して欲しい魚種の一つです。オ…

  7. シュンカンハゼ

    越前海岸のハゼでもなかなか目にすることが少ないのが、シュンカンハゼです。…

  8. ホンベラ

    越前海岸で同じみのベラの仲間と言えばキュウセンと並びこちらのホンベラ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP