クロミドリガイ

深い紺色をした触覚をもつミドリガイです。

ミルという海草についていることが多いですが、写真は
イワズタという海草についていました。
ついている海草で体色が違いますね。

この個体も退化した目があるので、触覚と眼にピントを
合わせて撮りたいですね。

 

スギノハウミウシ

サキシマミノウミウシ属の一種 SP9

関連記事

  1. フジイロウミウシ

    越前では深い所や暗い場所を好むウミウシです。 夏に見ることのできるウミウシ…

  2. クロヘリアメフラシ

    越前では、冬から春先によく見られる小型のアメフラシです。名…

  3. クロモウミウシ

    越前の春シオグサの上で見られる。黒い体色と背中の突起の白い縁取りのコントラ…

  4. エムラミノウミウシ

    越前のミノウミウシでは、定番のエムラミノウミウシです。ただ、夏と秋には極端…

  5. ハゴロモウミウシ

    越前では珍しいウミウシです。背中に鰓と取り囲むように王冠のような突起があ…

  6. カナメイロウミウシ

    越前では深いボートポイントで見られるカナメイロウミウシ。色がカラフルでじっく…

  7. コザクラミノウミウシ

    名前が素敵なミノウミウシです。越前ではちょうど桜の季節に見ることができます…

  8. サガミイロウミウシ

    オーバーハングした光が当たりにくい場所にいるキレイなウミウシです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP