menu

クロミドリガイ

深い紺色をした触覚をもつミドリガイです。

ミルという海草についていることが多いですが、写真は
イワズタという海草についていました。
ついている海草で体色が違いますね。

この個体も退化した目があるので、触覚と眼にピントを
合わせて撮りたいですね。

 

スギノハウミウシ

サキシマミノウミウシ属の一種 SP9

関連記事

  1. ノトアリモウミウシ

    春(5月から6月頃)に見られるウミウシです。アマモ場に生息するウミウシらし…

  2. チョウチョウミドリガイ

    極小でしかもウミウシっぽくない形をしているので、とても見つけづらいです。…

  3. コモンウミウシ

    色がキレイで写真映えするので、人気のウミウシです。越前で見られるイロウミウ…

  4. カナメイロウミウシ

    越前では深いボートポイントで見られるカナメイロウミウシ。色がカラフルでじっく…

  5. クロシタナシウミウシ

    カラーバリエーションが多い大型のウミウシです。よく動き歩くタイプです。…

  6. ウスイロウミウシ

    一見シロウミウシに見えますが、よく見ると青の斑紋が周囲にあることで違うと…

  7. クロヘリアメフラシ

    越前では、冬から春先によく見られる小型のアメフラシです。名…

  8. アリモウミウシ

    白と黒の体に背中のオレンジの突起が特徴のウミウシです。触覚の下に目がありま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP