キイロウミコチョウ

春の越前の代表と言えば、このキイロウミコチョウです。
泳いでいる姿はまるでクリオネの様です。

貴重な交接シーンです。

ムラサキウミコチョウに比べてとても小さいので、撮影時はクローズアップレンズを使用した方がいいでしょう。  

オショロミノウミウシ属の一種 SP19

カノコキセワタガイ

関連記事

  1. オトメウミウシ

    触覚が花の蕾みたいで、特徴的なウミウシです。…

  2. カノコキセワタガイ

    砂地にいるウミウシです。触覚もなく歩くのが非常に早いので写真が撮りにくい…

  3. スギノハウミウシ

    キラキラ光って綺麗なウミウシですね。これはスギノハウミウシといいます…

  4. フジエラミノウミウシ

    寒い時期に見られるすごく小さいミノウミウシです。体が黄色と背中のミノがブ…

  5. チョウチョウミドリガイ

    極小でしかもウミウシっぽくない形をしているので、とても見つけづらいです。…

  6. シラライロウミウシ

    越前でもとても珍しいウミウシです。主に夏場に見られます。図鑑に希種となって…

  7. サガミイロウミウシ

    オーバーハングした光が当たりにくい場所にいるキレイなウミウシです。…

  8. コモンウミウシ

    色がキレイで写真映えするので、人気のウミウシです。越前で見られるイロウミウ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP