menu

キイロウミコチョウ

春の越前の代表と言えば、このキイロウミコチョウです。


泳いでいる姿はまるでクリオネの様です。


貴重な交接シーンです。


ムラサキウミコチョウに比べてとても小さいので、撮影時はクローズアップレンズを使用した方がいいでしょう。  

オショロミノウミウシ属の一種 SP19

カノコキセワタガイ

関連記事

  1. クロモウミウシ

    越前の春シオグサの上で見られる。黒い体色と背中の突起の白い縁取りのコントラ…

  2. クロヘリアメフラシ

    越前では、冬から春先によく見られる小型のアメフラシです。名…

  3. フジエラミノウミウシ

    寒い時期に見られるすごく小さいミノウミウシです。体が黄色と背中のミノがブ…

  4. ノトアリモウミウシ

    春(5月から6月頃)に見られるウミウシです。アマモ場に生息するウミウシらし…

  5. サガミイロウミウシ

    オーバーハングした光が当たりにくい場所にいるキレイなウミウシです。…

  6. アリモウミウシ

    白と黒の体に背中のオレンジの突起が特徴のウミウシです。触覚の下に目がありま…

  7. ゴマフビロードウミウシ

    モフモフの毛のような突起で覆われている姿は、正面から見るとまさにゴマフア…

  8. ツガルウミウシ

    越前ではとても珍しい種類のウミウシに入ると思います。特徴は体にある黄色い4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP