menu

マダラギンポ

越前海岸で見られるギンポの仲間で、名前がわからなかったのがこのマダラギンポです。
特徴は頭の上にある2本の触覚!?のような皮弁と正面顔の時目の周りが黒く見えるところです。

オーバーハングになった岩の影をちょこちょこ散歩している姿が見られます。

8月頃に産卵の為に婚姻色になります。
特に顔が青や黄色が入ります。

幼魚は体長が小さいだけでなく、体色も透けていてアンバランスな目の大きさが可愛いです。

サクラダンゴウオ

トウカイナガダルマガレイ

関連記事

  1. スナビクニン

    越前のスナビクニンは年中見られています。ぜひリクエストください。…

  2. チャガラ

    越前で年間通して見られる定番ハゼの仲間です。いつ潜っても見られる普通種です…

  3. スズメダイ

    中層を群れている越前を代表する魚と言えばスズメダイです。一見地味な魚ですが…

  4. トウカイナガダルマガレイ

    越前浮遊系シーズンに見られた、ほとんど透明な魚です。カレイ…

  5. セジロハゼ

    越前海岸では、転石の下に隠れるように生息しているハゼの仲間です。…

  6. アオハタ

    越前海岸でよく見られるキジハタによく似た子が、この アオハタです。夏から秋…

  7. オニオコゼ

    砂地や岩の上にじっと動かない状態でいるので、見つけるのが難しいです。背びれ…

  8. アオヤガラ

    越前海岸ではアオヤガラはレアな魚です。季節来遊魚なのかはわからないですが、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP