menu

マダラギンポ

越前海岸で見られるギンポの仲間で、名前がわからなかったのがこのマダラギンポです。
特徴は頭の上にある2本の触覚!?のような皮弁と正面顔の時目の周りが黒く見えるところです。

オーバーハングになった岩の影をちょこちょこ散歩している姿が見られます。

8月頃に産卵の為に婚姻色になります。
特に顔が青や黄色が入ります。

幼魚は体長が小さいだけでなく、体色も透けていてアンバランスな目の大きさが可愛いです。

サクラダンゴウオ

トウカイナガダルマガレイ

関連記事

  1. ヘビギンポ

    越前海岸の普通種ですが、コンデジで手軽に撮影できる被写体として人気です。…

  2. キュウセン

    越前の代表する魚です。ダイバー周りにチラチラ集まってきます。オスの成魚はグ…

  3. アオハタ

    越前海岸でよく見られるキジハタによく似た子が、この アオハタです。夏から秋…

  4. サクラダンゴウオ

    冬から春の越前のアイドルの代表と言えば、ダンゴウオ。 愛嬌があるその表情は…

  5. アミメハギ

    フォトジェニックな被写体として人気のアミメハギ。水玉模様が特徴です。…

  6. ドロメ

    実際見てみるとやや地味な色なだけなのに、残念な名前のドロメ。…

  7. マトウダイ

    越前海岸では成魚を見ることは稀ですが、5月6月頃の期間限定で幼魚を見ることが…

  8. マゴチ

    砂地に大きな魚がじっとしていると、たいていこのマゴチです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP