トウカイナガダルマガレイ

越前浮遊系シーズンに見られた、ほとんど透明な魚です。

カレイの仲間には見えませんが、トウカイナガダルマガレイの幼魚です。

とても珍しい種類の魚です。
頭の上のつの!?のような突起が体の割にでかくて目を引きますね。

成魚は深いところに生息していてダイビングでは見れないみたいです。

越前海岸 水深1m

マダラギンポ

ナベカ

関連記事

  1. ハナタツ

    越前海岸のタツノオトシゴは、ノーマルのザタツノオトシゴとこのハナタツとの2…

  2. マダラギンポ

    越前海岸で見られるギンポの仲間で、名前がわからなかったのがこのマダラギンポ…

  3. イシダイ

    越前海岸で根魚の代表選手は、文句なしイシダイです。その中でも縞模様が消えてい…

  4. ホシギンポ

    越前でカエルウオと言えば、ホシギンポです。見れる水深が浅くダイビングという…

  5. ハオコゼ

    越前の人気の被写体であるハオコゼは、コンデジでも撮影しやすいのでオススメで…

  6. オハグロベラ

    夏婚姻色になったオスを見て、「あの魚なに!?」と聞かれるオハグロベラ。確か…

  7. スズメダイ

    中層を群れている越前を代表する魚と言えばスズメダイです。一見地味な魚ですが…

  8. ホシノハゼ

    砂地に住むパッと見地味な色のハゼ。近似種のクツワハゼとは、似ていて見分けが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP