ネンブツダイ

越前に生息するテンジクダイの仲間です。
通常は岩の影などに群れています。

7月頃オスとメスのペアになり、そのあとメスがオスに卵を渡し
8月頃には、口内保育する姿を見ることができます。
オスが口の中でハッチアウトまで卵を守ります。

9月頃、透明な幼魚が群で現れます。
輪郭にうっすらと黄色が入っていますが、尾びれの近くに特徴になっている黒点があります。

クツワハゼ

トウヨウコシオリエビ

関連記事

  1. スナビクニン

    越前のスナビクニンは年中見られています。ぜひリクエストください。…

  2. セジロハゼ

    越前海岸では、転石の下に隠れるように生息しているハゼの仲間です。…

  3. テンガイハタ

    越前海岸では冬から夏前くらいまで深海魚が見られるチャンスがあります。その中…

  4. ハナタツ

    越前海岸のタツノオトシゴは、ノーマルのザタツノオトシゴとこのハナタツとの2…

  5. オニオコゼ

    砂地や岩の上にじっと動かない状態でいるので、見つけるのが難しいです。背びれ…

  6. コウライトラギス

    越前海岸のトラギスでオーソドックスな子は、コウライトラギスです。砂利の水…

  7. ホンベラ

    越前海岸で同じみのベラの仲間と言えばキュウセンと並びこちらのホンベラ。…

  8. キビレミシマ

    越前で見られるメガネウオの仲間です。ヒレが綺麗な黄色をしているキビレミシマ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP