menu

ノコギリヨウジ

越前でヨウジウオというと、茶色の地味な子を思い浮かべますが、
夏時期に岩の隙間を覗くと青いラインが目立つ小さなヨウジウオを
見ることがあると思います。
それがこのノコギリヨウジです。

ノコギリヨウジの幼魚は、全身黄土色をしていてブルーのラインも
出てきていません。

尾びれの模様がなければわからないですね。

テンガイハタ

ハオコゼ

関連記事

  1. コロダイ

    越前海岸では成魚をほとんど見ることがありませんが、夏から秋にかけて幼魚を見…

  2. ヒメタツ

    越前海岸のタツノオトシゴの種類が増えました。それが、ヒメタツです。特徴は頭と…

  3. コブダイ

    越前ではコブダイの成魚は臆病で間近で見れることはまれですが、それ以外の成魚…

  4. オニオコゼ

    砂地や岩の上にじっと動かない状態でいるので、見つけるのが難しいです。背びれ…

  5. スイ

    ヒレの型が独特の魚で、越前ではぜひ撮影して欲しい魚種の一つです。オ…

  6. セジロハゼ

    越前海岸では、転石の下に隠れるように生息しているハゼの仲間です。…

  7. アミメハギ

    フォトジェニックな被写体として人気のアミメハギ。水玉模様が特徴です。…

  8. スズメダイ

    中層を群れている越前を代表する魚と言えばスズメダイです。一見地味な魚ですが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP