menu

ノコギリヨウジ

越前でヨウジウオというと、茶色の地味な子を思い浮かべますが、
夏時期に岩の隙間を覗くと青いラインが目立つ小さなヨウジウオを
見ることがあると思います。
それがこのノコギリヨウジです。

ノコギリヨウジの幼魚は、全身黄土色をしていてブルーのラインも
出てきていません。

尾びれの模様がなければわからないですね。

テンガイハタ

ハオコゼ

関連記事

  1. サクラダイ

    越前海岸ではハナダイの仲間は珍しいですが、その1種がこのサクラダイです。…

  2. ヘビギンポ

    越前海岸の普通種ですが、コンデジで手軽に撮影できる被写体として人気です。…

  3. ヒメギンポ

    オレンジ色のドット柄が特徴のギンポ。岩陰にいるので水中ライトで探す必要があ…

  4. ホシギンポ

    越前でカエルウオと言えば、ホシギンポです。見れる水深が浅くダイビングという…

  5. コウライトラギス

    越前海岸のトラギスでオーソドックスな子は、コウライトラギスです。砂利の水…

  6. ムスジガジ

    小さい頃は体は真っ黒ですが、ヒレにはシマシマの模様があります。ちょっと大き…

  7. イソギンポ

    越前ではコケギンポの仲間が多いのですが、その中にイソギンポも見られます。数…

  8. コブダイ

    越前ではコブダイの成魚は臆病で間近で見れることはまれですが、それ以外の成魚…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP