menu

タツノオトシゴ

越前海岸で見られるメジャーなタツノオトシゴは、ザ・タツノオトシゴです。
よく見られる色のタツノオトシゴは、カジメの色に似ている茶色です。

水深浅いところにもいるので、じっくり撮影できます。

こちらは、珍しい茶と黄色のバージョンです。

越前で撮りたいのは、やっぱりシロタツ。

さらに初夏には、生まれたばっかりの極小の子供も発見できます。
小さいうちはこげ茶色をしていて、体はほっそりしています。

頭と体のアンバランスさが可愛らしいです。

アカイソハゼ

ホソウミヤッコ

関連記事

  1. ホテイウオ

    冬の越前海岸で人気のダンゴウオの仲間です。その中でもホテイウオの幼魚は、模…

  2. ヘビギンポ

    越前海岸の普通種ですが、コンデジで手軽に撮影できる被写体として人気です。…

  3. オハグロベラ

    夏頃婚姻色になったオスを見て、「あの魚なに!?」と聞かれるオハグロベラ。確…

  4. ハナタツ

    越前海岸のタツノオトシゴは、今のところ4種類見られています。見分け方は簡単…

  5. オオカズナギ

    越前海岸の生物では細長いギンポみたいな魚と言えば何種類か見ることができます…

  6. アオヤガラ

    越前海岸ではアオヤガラはレアな魚です。季節来遊魚なのかはわからないですが、…

  7. ホシノハゼ

    砂地に住むパッと見地味な色のハゼ。近似種のクツワハゼとは、似ていて見分けが…

  8. ノコギリヨウジ

    越前でヨウジウオというと、茶色の地味な子を思い浮かべますが、夏時期に岩の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP