menu

タツノオトシゴ

越前海岸で見られるメジャーなタツノオトシゴは、ザ・タツノオトシゴです。
よく見られる色のタツノオトシゴは、カジメの色に似ている茶色です。

水深浅いところにもいるので、じっくり撮影できます。

こちらは、珍しい茶と黄色のバージョンです。

越前で撮りたいのは、やっぱりシロタツ。

さらに初夏には、生まれたばっかりの極小の子供も発見できます。
小さいうちはこげ茶色をしていて、体はほっそりしています。

頭と体のアンバランスさが可愛らしいです。

アカイソハゼ

ホソウミヤッコ

関連記事

  1. キビレミシマ

    越前で見られるメガネウオの仲間です。ヒレが綺麗な黄色をしているキビレミシマ…

  2. ナベカ

    越前の魚でナベカは人気です。特段珍しくなく、水面下10センチの水深から見れ…

  3. カサゴ

    越前で見れないことはないと言いきれるくらい、1番の普通種です。岩の上に乗っ…

  4. オオカズナギ

    越前海岸の生物では細長いギンポみたいな魚と言えば何種類か見ることができます…

  5. オニオコゼ

    砂地や岩の上にじっと動かない状態でいるので、見つけるのが難しいです。背びれ…

  6. キヌバリ

    「日本海で見たい魚はなんですか!?」聞くと「キヌバリが見たい」とよく言われ…

  7. スズメダイ

    中層を群れている越前を代表する魚と言えばスズメダイです。一見地味な魚ですが…

  8. キュウセン

    越前の代表する魚です。ダイバー周りにチラチラ集まってきます。オスの成魚はグ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP