menu

タツノオトシゴ

越前海岸で見られるメジャーなタツノオトシゴは、ザ・タツノオトシゴです。
よく見られる色のタツノオトシゴは、カジメの色に似ている茶色です。

水深浅いところにもいるので、じっくり撮影できます。

こちらは、珍しい茶と黄色のバージョンです。

越前で撮りたいのは、やっぱりシロタツ。

さらに初夏には、生まれたばっかりの極小の子供も発見できます。
小さいうちはこげ茶色をしていて、体はほっそりしています。

頭と体のアンバランスさが可愛らしいです。

アカイソハゼ

ホソウミヤッコ

関連記事

  1. ドロメ

    実際見てみるとやや地味な色なだけなのに、残念な名前のドロメ。…

  2. サビハゼ

    アゴヒゲが特徴のハゼです。砂地に住んでいて、体色は写真より薄めに見えます。…

  3. テンガイハタ

    越前海岸ではトップシーズン以外の時期(冬から夏前くらい)に深海魚が見られる…

  4. オニオコゼ

    砂地や岩の上にじっと動かない状態でいるので、見つけるのが難しいです。背びれ…

  5. ホシノハゼ

    砂地に住むパッと見地味な色のハゼ。近似種のクツワハゼとは、似ていて見分けが…

  6. シュンカンハゼ

    越前海岸のハゼでもなかなか目にすることが少ないのが、シュンカンハゼです。…

  7. ノコギリヨウジ

    越前でヨウジウオというと、茶色の地味な子を思い浮かべますが、夏時期に岩の…

  8. マゴチ

    砂地に大きな魚がじっとしていると、たいていこのマゴチです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP