menu

タツノオトシゴ

越前海岸で見られるメジャーなタツノオトシゴは、ザ・タツノオトシゴです。
よく見られる色のタツノオトシゴは、カジメの色に似ている茶色です。

水深浅いところにもいるので、じっくり撮影できます。

こちらは、珍しい茶と黄色のバージョンです。

越前で撮りたいのは、やっぱりシロタツ。

さらに初夏には、生まれたばっかりの極小の子供も発見できます。
小さいうちはこげ茶色をしていて、体はほっそりしています。

頭と体のアンバランスさが可愛らしいです。

アカイソハゼ

ホソウミヤッコ

関連記事

  1. アミメハギ

    フォトジェニックな被写体として人気のアミメハギ。水玉模様が特徴です。…

  2. オハグロベラ

    夏頃婚姻色になったオスを見て、「あの魚なに!?」と聞かれるオハグロベラ。確…

  3. ハオコゼ

    越前の人気の被写体であるハオコゼは、コンデジでも撮影しやすいのでオススメで…

  4. サビハゼ

    アゴヒゲが特徴のハゼです。砂地に住んでいて、体色は写真より薄めに見えます。…

  5. クツワハゼ

  6. スズメダイ

    中層を群れている越前を代表する魚と言えばスズメダイです。一見地味な魚ですが…

  7. ホウボウ

    越前の春にぜひ見ておきたい幼魚と言えば、1番にあげられるのはホウボウの幼魚…

  8. ハナタツ

    越前海岸のタツノオトシゴは、今のところ4種類見られています。見分け方は簡単…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP