menu

ninja

  1. コロダイ

    越前海岸では成魚をほとんど見ることがありませんが、夏から秋にかけて幼魚を見ることできます。…

  2. カナメイロウミウシ

    越前では深いボートポイントで見られるカナメイロウミウシ。色がカラフルでじっくり撮影したい美しさですが…

  3. サクラダイ

    越前海岸ではハナダイの仲間は珍しいですが、その1種がこのサクラダイです。このサクラ…

  4. ヨロイメバル

    越前では比較的珍しいヨロイメバル。体の模様で、識別は用意です。カサゴのように、岩陰や海草の陰で着底…

  5. ホシギンポ

    越前でカエルウオと言えば、ホシギンポです。見れる水深が浅くダイビングという感じではないですが、撮影…

  6. オハグロベラ

    夏頃婚姻色になったオスを見て、「あの魚なに!?」と聞かれるオハグロベラ。確かに黄色と黒の体色はイン…

  7. アオヤガラ

    越前海岸ではアオヤガラはレアな魚です。季節来遊魚なのかはわからないですが、春先に見ることはないです…

  8. スズメダイ

    中層を群れている越前を代表する魚と言えばスズメダイです。一見地味な魚ですが産卵の時期にはとてもきれ…

  9. アミメハギ

    フォトジェニックな被写体として人気のアミメハギ。水玉模様が特徴です。ナイトダイビン…

  10. スイ

    ヒレの型が独特の魚で、越前ではぜひ撮影して欲しい魚種の一つです。オスとメスの違いは、背ヒレ…

  11. マトウダイ

    越前海岸では成魚を見ることは稀ですが、5月6月頃の期間限定で幼魚を見ることができます。通常見られる…

  12. ドロメ

    実際見てみるとやや地味な色なだけなのに、残念な名前のドロメ。特に幼魚はカラフルです…

  13. エムラミノウミウシ

    越前のミノウミウシでは、定番のエムラミノウミウシです。ただ、夏と秋には極端に数が少なくなります。…

  14. サビハゼ

    アゴヒゲが特徴のハゼです。砂地に住んでいて、体色は写真より薄めに見えます。…

  15. ヒメタツ

    越前海岸のタツノオトシゴの種類が増えました。それが、ヒメタツです。特徴は頭と尾びれの位置です。ヒメタ…

  16. アイナメ

    早春にアイナメの幼魚を見ることができます。大きい魚に見つからないようにするためか、カジメなどの海草…

  17. クロヘリアメフラシ

    越前では、冬から春先によく見られる小型のアメフラシです。名前の通り体や触覚まわりに…

  18. ツガルウミウシ

    越前ではとても珍しい種類のウミウシに入ると思います。特徴は体にある黄色い4つのつののような突起です…

  19. フジイロウミウシ

    越前では深い所や暗い場所を好むウミウシです。 夏に見ることのできるウミウシです。…

  20. ゴマフビロードウミウシ

    モフモフの毛のような突起で覆われている姿は、正面から見るとまさにゴマフアザラシ見たい。見つけ…

さらに記事を表示する
PAGE TOP