menu

ヘビギンポ

越前海岸の普通種ですが、コンデジで手軽に撮影できる被写体として人気です。

写真を撮ろうと近づくと、岩の上をチョコチョコ移動して影に隠れてしまいます。

こちらは1センチくらいの幼魚です。表情があり正面からでも可愛いです。

ヘビギンポの幼魚はバックを工夫するととてもキュートに撮れます。
上を見ているみたいですね。

初夏に婚姻色になります。
オスが真っ黒に、メスは尻尾がシマシマに。

コウライトラギス

ホンベラ

関連記事

  1. ホンベラ

    越前海岸で同じみのベラの仲間と言えばキュウセンと並びこちらのホンベラ。…

  2. ニジギンポ

    越前の夏から秋にかけて、サザエの殻やカキ殻から顔を覗かせているギンポがこの…

  3. サクラダンゴウオ

    冬から春の越前のアイドルの代表と言えば、ダンゴウオ。 愛嬌があるその表情は…

  4. ヒメタツ

    越前海岸のタツノオトシゴの種類が増えました。それが、ヒメタツです。特徴は頭と…

  5. ヒメギンポ

    オレンジ色のドット柄が特徴のギンポ。岩陰にいるので水中ライトで探す必要があ…

  6. オハグロベラ

    夏頃婚姻色になったオスを見て、「あの魚なに!?」と聞かれるオハグロベラ。確…

  7. イチモンジハゼ

    越前海岸で見ることができるベニハゼ系と言えば、このイチモンジハゼです。水深8…

  8. クツワハゼ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP