menu

アオハタ

越前海岸でよく見られるキジハタによく似た子が、この アオハタです。
夏から秋頃になると4センチほどの可愛い幼魚が見られます。
頭の部分だけを見るとキジハタとほとんど区別がつきません。
特徴は体にある白い横縞です。

下の写真のように岩の隙間やカキ殼の中に身を潜めて、外をうかがってます。 ヒレが黄色で身体はシマシマ。 とっても愛嬌があると思いませんか!?  

ホンベラ

ハナタツ

関連記事

  1. ムスジガジ

    小さい頃は体は真っ黒ですが、ヒレにはシマシマの模様があります。ちょっと大き…

  2. ヒメタツ

    越前海岸のタツノオトシゴの種類が増えました。それが、ヒメタツです。特徴は頭と…

  3. ハナタツ

    越前海岸のタツノオトシゴは、今のところ4種類見られています。見分け方は簡単…

  4. テンガイハタ

    越前海岸ではトップシーズン以外の時期(冬から夏前くらい)に深海魚が見られる…

  5. アイナメ

    早春にアイナメの幼魚を見ることができます。大きい魚に見つからないようにする…

  6. オオカズナギ

    越前海岸の生物では細長いギンポみたいな魚と言えば何種類か見ることができます…

  7. クツワハゼ

  8. マゴチ

    砂地に大きな魚がじっとしていると、たいていこのマゴチです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP