menu

アオハタ

越前海岸でよく見られるキジハタによく似た子が、この アオハタです。
夏から秋頃になると4センチほどの可愛い幼魚が見られます。
頭の部分だけを見るとキジハタとほとんど区別がつきません。
特徴は体にある白い横縞です。

下の写真のように岩の隙間やカキ殼の中に身を潜めて、外をうかがってます。 ヒレが黄色で身体はシマシマ。 とっても愛嬌があると思いませんか!?  

ホンベラ

ハナタツ

関連記事

  1. スイ

    ヒレの型が独特の魚で、越前ではぜひ撮影して欲しい魚種の一つです。オ…

  2. ホシノハゼ

    砂地に住むパッと見地味な色のハゼ。近似種のクツワハゼとは、似ていて見分けが…

  3. チャガラ

    越前で年間通して見られる定番ハゼの仲間です。いつ潜っても見られる普通種です…

  4. ノコギリヨウジ

    越前でヨウジウオというと、茶色の地味な子を思い浮かべますが、夏時期に岩の…

  5. テンガイハタ

    越前海岸ではトップシーズン以外の時期(冬から夏前くらい)に深海魚が見られる…

  6. ホンベラ

    越前海岸で同じみのベラの仲間と言えばキュウセンと並びこちらのホンベラ。…

  7. ハオコゼ

    越前の人気の被写体であるハオコゼは、コンデジでも撮影しやすいのでオススメで…

  8. ムスジガジ

    小さい頃は体は真っ黒ですが、ヒレにはシマシマの模様があります。ちょっと大き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP