menu

アオハタ

越前海岸でよく見られるキジハタによく似た子が、この アオハタです。
夏から秋頃になると4センチほどの可愛い幼魚が見られます。
頭の部分だけを見るとキジハタとほとんど区別がつきません。
特徴は体にある白い横縞です。

下の写真のように岩の隙間やカキ殼の中に身を潜めて、外をうかがってます。 ヒレが黄色で身体はシマシマ。 とっても愛嬌があると思いませんか!?  

ホンベラ

ハナタツ

関連記事

  1. イシダイ

    越前海岸で根魚の代表選手は、文句なしイシダイです。その中でも縞模様が消えてい…

  2. チャガラ

    越前で年間通して見られる定番ハゼの仲間です。いつ潜っても見られる普通種です…

  3. ホンベラ

    越前海岸で同じみのベラの仲間と言えばキュウセンと並びこちらのホンベラ。…

  4. サビハゼ

    アゴヒゲが特徴のハゼです。砂地に住んでいて、体色は写真より薄めに見えます。…

  5. オハグロベラ

    夏頃婚姻色になったオスを見て、「あの魚なに!?」と聞かれるオハグロベラ。確…

  6. カサゴ

    越前で見れないことはないと言いきれるくらい、1番の普通種です。岩の上に乗っ…

  7. ホシギンポ

    越前でカエルウオと言えば、ホシギンポです。見れる水深が浅くダイビングという…

  8. ヒメギンポ

    オレンジ色のドット柄が特徴のギンポ。岩陰にいるので水中ライトで探す必要があ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP