menu

アオハタ

越前海岸でよく見られるキジハタによく似た子が、この アオハタです。
夏から秋頃になると4センチほどの可愛い幼魚が見られます。
頭の部分だけを見るとキジハタとほとんど区別がつきません。
特徴は体にある白い横縞です。

下の写真のように岩の隙間やカキ殼の中に身を潜めて、外をうかがってます。 ヒレが黄色で身体はシマシマ。 とっても愛嬌があると思いませんか!?  

ホンベラ

ハナタツ

関連記事

  1. ニジギンポ

    越前の夏から秋にかけて、サザエの殻やカキ殻から顔を覗かせているギンポがこの…

  2. ヒメジ

    越前の砂地で普通に見られる魚です。ナイトダイビングでは、色が変わって赤っぽ…

  3. アミメハギ

    フォトジェニックな被写体として人気のアミメハギ。水玉模様が特徴です。…

  4. アカイソハゼ

    越前海岸の岩の隙間にいる、とても臆病なハゼです。アカイソハ…

  5. トウカイナガダルマガレイ

    越前浮遊系シーズンに見られた、ほとんど透明な魚です。カレイ…

  6. アオヤガラ

    越前海岸ではアオヤガラはレアな魚です。季節来遊魚なのかはわからないですが、…

  7. イシダイ

    越前海岸で根魚の代表選手は、文句なしイシダイです。その中でも縞模様が消えてい…

  8. オニオコゼ

    砂地や岩の上にじっと動かない状態でいるので、見つけるのが難しいです。背びれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP