menu

オオカズナギ

越前海岸の生物では細長いギンポみたいな魚と言えば何種類か見ることができます。

その中でも、たまに海草の上に乗っかって いる子と言えば、この子。 オオカズナギの幼魚です。

山口県の青海島では、毎年オス同士の戦いが見られることで人気になっていますが残念ながら、 越前海岸では成魚を見たことないです。

見つけることができれば、バトルも 見れるかもしれませんね。

撮影時期 5月 ポイント壁石浜 水深3m 水温15℃

ホテイウオ

関連記事

  1. ヨロイメバル

    越前では比較的珍しいヨロイメバル。体の模様で、識別は用意です。カサゴのよう…

  2. ドロメ

    実際見てみるとやや地味な色なだけなのに、残念な名前のドロメ。…

  3. トウカイナガダルマガレイ

    越前浮遊系シーズンに見られた、ほとんど透明な魚です。カレイ…

  4. セジロハゼ

    越前海岸では、転石の下に隠れるように生息しているハゼの仲間です。…

  5. コウライトラギス

    越前海岸のトラギスでオーソドックスな子は、コウライトラギスです。砂利の水…

  6. サクラダイ

    越前海岸ではハナダイの仲間は珍しいですが、その1種がこのサクラダイです。…

  7. アイナメ

    早春にアイナメの幼魚を見ることができます。大きい魚に見つからないようにする…

  8. ヒメジ

    越前の砂地で普通に見られる魚です。ナイトダイビングでは、色が変わって赤っぽ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP