menu

オオカズナギ

越前海岸の生物では細長いギンポみたいな魚と言えば何種類か見ることができます。

その中でも、たまに海草の上に乗っかって いる子と言えば、この子。 オオカズナギの幼魚です。

山口県の青海島では、毎年オス同士の戦いが見られることで人気になっていますが残念ながら、 越前海岸では成魚を見たことないです。

見つけることができれば、バトルも 見れるかもしれませんね。

撮影時期 5月 ポイント壁石浜 水深3m 水温15℃

ホテイウオ

関連記事

  1. コロダイ

    越前海岸では成魚をほとんど見ることがありませんが、夏から秋にかけて幼魚を見…

  2. イシダイ

    越前海岸で根魚の代表選手は、文句なしイシダイです。その中でも縞模様が消えてい…

  3. ハナタツ

    越前海岸のタツノオトシゴは、今のところ4種類見られています。見分け方は簡単…

  4. マゴチ

    砂地に大きな魚がじっとしていると、たいていこのマゴチです。…

  5. タツノオトシゴ

    越前海岸で見られるメジャーなタツノオトシゴは、ザ・タツノオトシゴです。よく…

  6. ヤマドリ

    越前では初夏に幼魚が見られます。極小の幼魚は真っ白なのですがぜひ撮影したい…

  7. カサゴ

    越前で見れないことはないと言いきれるくらい、1番の普通種です。岩の上に乗っ…

  8. イチモンジハゼ

    越前海岸で見ることができるベニハゼ系と言えば、このイチモンジハゼです。水深8…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP