menu

ホテイウオ

冬の越前海岸で人気のダンゴウオの仲間です。
その中でもホテイウオの幼魚は、模様のバリエーションが豊富で人気です。
ノーマルのホテイウオ幼魚です。

ダンゴウオの幼魚との違いは目の上の白いラインです。
天使の輪もないです。
スタンダードな茶色(カジメ色)の幼魚です。
幼魚は環境によって色も変わるみたいですね。

うっすら赤い色の個体です。
背中の白い線模様も映えますね。

さらに幼魚は模様のバリエーションも豊富みたいです。
個人的には、ドット柄の子が好みです。若干引き気味で、環境を写し込んで撮ると可愛らしさが引き立ちます。
オススメのきれいなドット模様です。

流れドット!?
虫食いみたいな模様が面白いですね。

珍しい赤色ドット柄です。
一瞬??と思いました。
ダンゴウオとホテイウオの幼魚の大きさの比較です。
同じ幼魚でも、ダンゴウオより大きいです。

生息環境です。
当然カジメの表面は肉眼では見えませんが、デコボコしているだけではなく何か生えていたりするんですね。

ホテイウオ 幼魚1㎝くらい 見られる時期3月から4月

成魚は稀に見られます。

オオカズナギ

ホウボウ

関連記事

  1. アミメハギ

    フォトジェニックな被写体として人気のアミメハギ。水玉模様が特徴です。…

  2. クツワハゼ

  3. サクラダイ

    越前海岸ではハナダイの仲間は珍しいですが、その1種がこのサクラダイです。…

  4. ヘビギンポ

    越前海岸の普通種ですが、コンデジで手軽に撮影できる被写体として人気です。…

  5. オハグロベラ

    夏頃婚姻色になったオスを見て、「あの魚なに!?」と聞かれるオハグロベラ。確…

  6. スイ

    ヒレの型が独特の魚で、越前ではぜひ撮影して欲しい魚種の一つです。オ…

  7. ヒメタツ

    越前海岸のタツノオトシゴの種類が増えました。それが、ヒメタツです。特徴は頭と…

  8. オオカズナギ

    越前海岸の生物では細長いギンポみたいな魚と言えば何種類か見ることができます…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP