menu

クロヘリアメフラシ

越前では、冬から春先によく見られる小型のアメフラシです。

名前の通り体や触覚まわりに黒いふちどりがあるのが特徴です。
数は少ないですが、夏にも見ることができます。
体色の変異が多いウミウシで、赤茶色と黒の個体や赤みの濃い個体、白と黒の模様のような個体といろんな体色をコレクションするのも楽しいです。

ツガルウミウシ

アイナメ

関連記事

  1. ヒロウミウシ

    ピンク色のケーキ見たいな形のウミウシ。肉眼ではわかりにくいですが、たくさん…

  2. ゴマフビロードウミウシ

    モフモフの毛のような突起で覆われている姿は、正面から見るとまさにゴマフア…

  3. クロミドリガイ

    深い紺色をした触覚をもつミドリガイです。ミルという海草についているこ…

  4. フジエラミノウミウシ

    寒い時期に見られるすごく小さいミノウミウシです。体が黄色と背中のミノがブ…

  5. カナメイロウミウシ

    越前では深いボートポイントで見られるカナメイロウミウシ。色がカラフルでじっく…

  6. クロシタナシウミウシ

    カラーバリエーションが多い大型のウミウシです。よく動き歩くタイプです。…

  7. オカダウミウシ

    初夏ごろから見られる極小のウミウシです。ゴロタの岩の下にひそんでいる姿をみ…

  8. ノトアリモウミウシ

    春(5月から6月頃)に見られるウミウシです。アマモ場に生息するウミウシらし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP