menu

マダラギンポ

越前海岸で見られるギンポの仲間で、名前がわからなかったのがこのマダラギンポです。
特徴は頭の上にある2本の触覚!?のような皮弁と正面顔の時目の周りが黒く見えるところです。

オーバーハングになった岩の影をちょこちょこ散歩している姿が見られます。

8月頃に産卵の為に婚姻色になります。
特に顔が青や黄色が入ります。

幼魚は体長が小さいだけでなく、体色も透けていてアンバランスな目の大きさが可愛いです。

サクラダンゴウオ

トウカイナガダルマガレイ

関連記事

  1. イチモンジハゼ

    越前海岸で見ることができるベニハゼ系と言えば、このイチモンジハゼです。水深8…

  2. ハナタツ

    越前海岸のタツノオトシゴは、今のところ4種類見られています。見分け方は簡単…

  3. ヨロイメバル

    越前では比較的珍しいヨロイメバル。体の模様で、識別は用意です。カサゴのよう…

  4. マゴチ

    砂地に大きな魚がじっとしていると、たいていこのマゴチです。…

  5. ホソウミヤッコ

    越前のヨウジウオの仲間でよく見られるのが、このホソウミヤッコです。 ホソウ…

  6. ホテイウオ

    冬の越前海岸で人気のダンゴウオの仲間です。その中でもホテイウオの幼魚は、模…

  7. ミノカサゴ

    季節来遊魚の代表種です。大きい個体は少ないですが、これほど小さい個体もレ…

  8. テンガイハタ

    越前海岸ではトップシーズン以外の時期(冬から夏前くらい)に深海魚が見られる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP