menu

エムラミノウミウシ

越前のミノウミウシでは、定番のエムラミノウミウシです。
ただ、夏と秋には極端に数が少なくなります。

エムラミノウミウシの成体です。
背中のヒダが金色に光ってとてもきれいです。
他のミノウミウシと頭のところに金色の線が入っていることで見分けることができます。

エムラミノウミウシの幼体です。
背中のヒダが少なく色も透明な部分が多いです。
体長5ミリ。
ダンゴウオの時期にカジメの上で見られることが多いです。

サビハゼ

ドロメ

関連記事

  1. ハナデンシャ

    越前海岸でもレアなウミウシです。夏場稀に中層を漂っている姿を見ます。…

  2. チョウチョウミドリガイ

    極小でしかもウミウシっぽくない形をしているので、とても見つけづらいです。…

  3. クロミドリガイ

    深い紺色をした触覚をもつミドリガイです。ミルという海草についているこ…

  4. ヒメクロモウミウシ

    ミノウミウシのような突起がありますが、触覚が4つないことでハダカモウミウシ…

  5. フジエラミノウミウシ

    寒い時期に見られるすごく小さいミノウミウシです。体が黄色と背中のミノがブ…

  6. オカダウミウシ

    初夏ごろから見られる極小のウミウシです。ゴロタの岩の下にひそんでいる姿をみ…

  7. コザクラミノウミウシ

    名前が素敵なミノウミウシです。越前ではちょうど桜の季節に見ることができます…

  8. サキシマミノウミウシ属の一種 SP9

    まだ名前がないミノウミウシです。サキシマミノウミウシの仲間で、調べて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP