menu

エムラミノウミウシ

越前のミノウミウシでは、定番のエムラミノウミウシです。
ただ、夏と秋には極端に数が少なくなります。

エムラミノウミウシの成体です。
背中のヒダが金色に光ってとてもきれいです。
他のミノウミウシと頭のところに金色の線が入っていることで見分けることができます。

エムラミノウミウシの幼体です。
背中のヒダが少なく色も透明な部分が多いです。
体長5ミリ。
ダンゴウオの時期にカジメの上で見られることが多いです。

サビハゼ

ドロメ

関連記事

  1. オショロミノウミウシ属の一種 SP19

    オショロミノウミウシ属の一種 のSP19です越前では春によく見るウミウシ…

  2. ヒロウミウシ

    ピンク色のケーキ見たいな形のウミウシ。肉眼ではわかりにくいですが、たくさん…

  3. オトメウミウシ

    触覚が花の蕾みたいで、特徴的なウミウシです。…

  4. クロモウミウシ

    越前の春シオグサの上で見られる。黒い体色と背中の突起の白い縁取りのコントラ…

  5. クロシタナシウミウシ

    カラーバリエーションが多い大型のウミウシです。よく動き歩くタイプです。…

  6. シラライロウミウシ

    越前でもとても珍しいウミウシです。主に夏場に見られます。図鑑に希種となって…

  7. ゴマフビロードウミウシ

    モフモフの毛のような突起で覆われている姿は、正面から見るとまさにゴマフア…

  8. ミズタマウミウシ

    越前では珍しい種類のウミウシです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP