menu

ホソウミヤッコ

越前のヨウジウオの仲間でよく見られるのが、このホソウミヤッコです。
ホソウミヤッコの特徴は吻(ふん)がとても短いことで簡単にわかります。

地味な色なのでなかなかカッコよく撮るのが難しいです。

かなり一番小さい幼魚です。
完全に真っ黒です。

ほんの少し成長した幼魚です。
色が茶色になってきました。
でもまだ見た目は完全に糸くずです。

さらに成長した幼魚です。
体の表面に皮弁かでできてますね。
これで完全に海草の切れ端にしかみえません。
こんな感じに、貝殻バックで撮影すると映えますね。

タツノオトシゴ

シュンカンハゼ

関連記事

  1. ホンベラ

    越前海岸で同じみのベラの仲間と言えばキュウセンと並びこちらのホンベラ。…

  2. ニジギンポ

    越前の夏から秋にかけて、サザエの殻やカキ殻から顔を覗かせているギンポがこの…

  3. マトウダイ

    越前海岸では成魚を見ることは稀ですが、5月6月頃の期間限定で幼魚を見ることが…

  4. クツワハゼ

  5. クサフグ

    越前でダイビング中に見られるフグの代表と言えば、クサフグです。初夏に浅場で…

  6. チャガラ

    越前で年間通して見られる定番ハゼの仲間です。いつ潜っても見られる普通種です…

  7. コウライトラギス

    越前海岸のトラギスでオーソドックスな子は、コウライトラギスです。砂利の水…

  8. トウカイナガダルマガレイ

    越前浮遊系シーズンに見られた、ほとんど透明な魚です。カレイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP