menu

キイロウミコチョウ

春の越前の代表と言えば、このキイロウミコチョウです。


泳いでいる姿はまるでクリオネの様です。


貴重な交接シーンです。


ムラサキウミコチョウに比べてとても小さいので、撮影時はクローズアップレンズを使用した方がいいでしょう。  

オショロミノウミウシ属の一種 SP19

カノコキセワタガイ

関連記事

  1. ヒメクロモウミウシ

    ミノウミウシのような突起がありますが、触覚が4つないことでハダカモウミウシ…

  2. ハゴロモウミウシ

    越前では珍しいウミウシです。背中に鰓と取り囲むように王冠のような突起があ…

  3. シラライロウミウシ

    越前でもとても珍しいウミウシです。主に夏場に見られます。図鑑に希種となって…

  4. ヒロウミウシ

    ピンク色のケーキ見たいな形のウミウシ。肉眼ではわかりにくいですが、たくさん…

  5. カンザシウミウシ

    5月ごろハングの岩などで見られます。…

  6. チョウチョウミドリガイ

    極小でしかもウミウシっぽくない形をしているので、とても見つけづらいです。…

  7. カノコキセワタガイ

    砂地にいるウミウシです。触覚もなく歩くのが非常に早いので写真が撮りにくい…

  8. ディアポレオリス・ヴィリディス

    ディアポレオリス・ヴィリディスという名前のミノウミウシです。ハツユキミノ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP