menu

エムラミノウミウシ

越前のミノウミウシでは、定番のエムラミノウミウシです。
ただ、夏と秋には極端に数が少なくなります。

エムラミノウミウシの成体です。
背中のヒダが金色に光ってとてもきれいです。
他のミノウミウシと頭のところに金色の線が入っていることで見分けることができます。

エムラミノウミウシの幼体です。
背中のヒダが少なく色も透明な部分が多いです。
体長5ミリ。
ダンゴウオの時期にカジメの上で見られることが多いです。

サビハゼ

ドロメ

関連記事

  1. フジイロウミウシ

    越前では深い所や暗い場所を好むウミウシです。 夏に見ることのできるウミウシ…

  2. カナメイロウミウシ

    越前では深いボートポイントで見られるカナメイロウミウシ。色がカラフルでじっく…

  3. オトメウミウシ

    触覚が花の蕾みたいで、特徴的なウミウシです。…

  4. ウスイロウミウシ

    一見シロウミウシに見えますが、よく見ると青の斑紋が周囲にあることで違うと…

  5. チョウチョウミドリガイ

    極小でしかもウミウシっぽくない形をしているので、とても見つけづらいです。…

  6. クロモウミウシ

    越前の春シオグサの上で見られる。黒い体色と背中の突起の白い縁取りのコントラ…

  7. カンザシウミウシ

    5月ごろハングの岩などで見られます。…

  8. サキシマミノウミウシ属の一種 SP9

    まだ名前がないミノウミウシです。サキシマミノウミウシの仲間で、調べて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP