menu

エムラミノウミウシ

越前のミノウミウシでは、定番のエムラミノウミウシです。
ただ、夏と秋には極端に数が少なくなります。

エムラミノウミウシの成体です。
背中のヒダが金色に光ってとてもきれいです。
他のミノウミウシと頭のところに金色の線が入っていることで見分けることができます。

エムラミノウミウシの幼体です。
背中のヒダが少なく色も透明な部分が多いです。
体長5ミリ。
ダンゴウオの時期にカジメの上で見られることが多いです。

サビハゼ

ドロメ

関連記事

  1. フジエラミノウミウシ

    寒い時期に見られるすごく小さいミノウミウシです。体が黄色と背中のミノがブ…

  2. カノコキセワタガイ

    砂地にいるウミウシです。触覚もなく歩くのが非常に早いので写真が撮りにくい…

  3. カナメイロウミウシ

    越前では深いボートポイントで見られるカナメイロウミウシ。色がカラフルでじっく…

  4. サガミイロウミウシ

    オーバーハングした光が当たりにくい場所にいるキレイなウミウシです。…

  5. キイロウミコチョウ

    春の越前の代表と言えば、このキイロウミコチョウです。泳いで…

  6. ヒメクロモウミウシ

    ミノウミウシのような突起がありますが、触覚が4つないことでハダカモウミウシ…

  7. シラライロウミウシ

    越前でもとても珍しいウミウシです。主に夏場に見られます。図鑑に希種となって…

  8. オトメウミウシ

    触覚が花の蕾みたいで、特徴的なウミウシです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP