menu

サクラダンゴウオ

冬から春の越前のアイドルの代表と言えば、ダンゴウオ。
愛嬌があるその表情は虜になること間違いなし。
その中でも、特に人気が高いのが幼魚。 天使の輪と言われる背中の丸い模様がトレードマークです。


幼魚は、通常カジメと言われる海草の上にいることが多いのですが、
このように表面がつるんとしていれば、カジメ以外の海草に乗ります。
写真はウミウチワに乗っています。

大きさが、ちょっと大きくなると、赤や緑など体色にカラーバリエーションが出てきます。

日本海のダンゴウオが新種であることが判明しました。
太平洋側に生息しているダンゴウオとは別種ということだそうです。
分布は秋田県から兵庫県なので、越前のダンゴウオはサクラダンゴウオですね。

サクラダンゴウオ
体長 成魚1.5㎝ 幼魚5㎜
越前で探す場所 成魚クサノカキなどの海草の上 幼魚カジメなどの海草の上

ぜひ、動画でキュートなダンゴウオの様子を見てください。

ホウボウ

マダラギンポ

関連記事

  1. ハナタツ

    越前海岸のタツノオトシゴは、今のところ4種類見られています。見分け方は簡単…

  2. ホウボウ

    越前の春にぜひ見ておきたい幼魚と言えば、1番にあげられるのはホウボウの幼魚…

  3. ホシノハゼ

    砂地に住むパッと見地味な色のハゼ。近似種のクツワハゼとは、似ていて見分けが…

  4. キヌバリ

    「日本海で見たい魚はなんですか!?」聞くと「キヌバリが見たい」とよく言われ…

  5. キュウセン

    越前の代表する魚です。ダイバー周りにチラチラ集まってきます。オスの成魚はグ…

  6. ホシギンポ

    越前でカエルウオと言えば、ホシギンポです。見れる水深が浅くダイビングという…

  7. アオハタ

    越前海岸でよく見られるキジハタによく似た子が、この アオハタです。夏から秋…

  8. アミメハギ

    フォトジェニックな被写体として人気のアミメハギ。水玉模様が特徴です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP