menu

クロヘリアメフラシ

越前では、冬から春先によく見られる小型のアメフラシです。

名前の通り体や触覚まわりに黒いふちどりがあるのが特徴です。
数は少ないですが、夏にも見ることができます。
体色の変異が多いウミウシで、赤茶色と黒の個体や赤みの濃い個体、白と黒の模様のような個体といろんな体色をコレクションするのも楽しいです。

ツガルウミウシ

アイナメ

関連記事

  1. ノトアリモウミウシ

    春(5月から6月頃)に見られるウミウシです。アマモ場に生息するウミウシらし…

  2. スギノハウミウシ

    キラキラ光って綺麗なウミウシですね。これはスギノハウミウシといいます…

  3. ディアポレオリス・ヴィリディス

    ディアポレオリス・ヴィリディスという名前のミノウミウシです。ハツユキミノ…

  4. ヒロウミウシ

    ピンク色のケーキ見たいな形のウミウシ。肉眼ではわかりにくいですが、たくさん…

  5. カノコキセワタガイ

    砂地にいるウミウシです。触覚もなく歩くのが非常に早いので写真が撮りにくい…

  6. クロミドリガイ

    深い紺色をした触覚をもつミドリガイです。ミルという海草についているこ…

  7. ハゴロモウミウシ

    越前では珍しいウミウシです。背中に鰓と取り囲むように王冠のような突起があ…

  8. シラライロウミウシ

    越前でもとても珍しいウミウシです。主に夏場に見られます。図鑑に希種となって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP