menu

クロヘリアメフラシ

越前では、冬から春先によく見られる小型のアメフラシです。

名前の通り体や触覚まわりに黒いふちどりがあるのが特徴です。
数は少ないですが、夏にも見ることができます。
体色の変異が多いウミウシで、赤茶色と黒の個体や赤みの濃い個体、白と黒の模様のような個体といろんな体色をコレクションするのも楽しいです。

ツガルウミウシ

アイナメ

関連記事

  1. カナメイロウミウシ

    越前では深いボートポイントで見られるカナメイロウミウシ。色がカラフルでじっく…

  2. オショロミノウミウシ属の一種 SP19

    オショロミノウミウシ属の一種 のSP19です越前では春によく見るウミウシ…

  3. クロシタナシウミウシ

    カラーバリエーションが多い大型のウミウシです。よく動き歩くタイプです。…

  4. クロミドリガイ

    深い紺色をした触覚をもつミドリガイです。ミルという海草についているこ…

  5. ヒメクロモウミウシ

    ミノウミウシのような突起がありますが、触覚が4つないことでハダカモウミウシ…

  6. シラライロウミウシ

    越前でもとても珍しいウミウシです。主に夏場に見られます。図鑑に希種となって…

  7. カンザシウミウシ

    5月ごろハングの岩などで見られます。…

  8. チョウチョウミドリガイ

    極小でしかもウミウシっぽくない形をしているので、とても見つけづらいです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP