menu

キヌバリ

「日本海で見たい魚はなんですか!?」聞くと「キヌバリが見たい」とよく言われるくらい人気の魚です。

大きな理由は太平洋側と日本海側では、縞模様の数が違うからです。
(太平洋側は6本で日本海側は7本です。)

春のキヌバリは、生い茂る海草の森でのんびりしています。

ぜひ見ていただきたいのは、8月頃から見られる婚姻色です
この頃になると、オスは岩陰に1匹づつ縄張りを作り巣作りをします。
体色が黄金色になり、ヒレの色は鮮やかになります。 
まるで別の種類の魚!?と思うほどです。

ニジギンポ

チャガラ

関連記事

  1. アイナメ

    早春にアイナメの幼魚を見ることができます。大きい魚に見つからないようにする…

  2. クツワハゼ

  3. マトウダイ

    越前海岸では成魚を見ることは稀ですが、5月6月頃の期間限定で幼魚を見ることが…

  4. アオハタ

    越前海岸でよく見られるキジハタによく似た子が、この アオハタです。夏から秋…

  5. サビハゼ

    アゴヒゲが特徴のハゼです。砂地に住んでいて、体色は写真より薄めに見えます。…

  6. オハグロベラ

    夏頃婚姻色になったオスを見て、「あの魚なに!?」と聞かれるオハグロベラ。確…

  7. アミメハギ

    フォトジェニックな被写体として人気のアミメハギ。水玉模様が特徴です。…

  8. オオカズナギ

    越前海岸の生物では細長いギンポみたいな魚と言えば何種類か見ることができます…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP