menu

ホソウミヤッコ

越前のヨウジウオの仲間でよく見られるのが、このホソウミヤッコです。
ホソウミヤッコの特徴は吻(ふん)がとても短いことで簡単にわかります。

地味な色なのでなかなかカッコよく撮るのが難しいです。

かなり一番小さい幼魚です。
完全に真っ黒です。

ほんの少し成長した幼魚です。
色が茶色になってきました。
でもまだ見た目は完全に糸くずです。

さらに成長した幼魚です。
体の表面に皮弁かでできてますね。
これで完全に海草の切れ端にしかみえません。
こんな感じに、貝殻バックで撮影すると映えますね。

タツノオトシゴ

シュンカンハゼ

関連記事

  1. ホテイウオ

    冬の越前海岸で人気のダンゴウオの仲間です。その中でもホテイウオの幼魚は、模…

  2. ヘビギンポ

    越前海岸の普通種ですが、コンデジで手軽に撮影できる被写体として人気です。…

  3. オハグロベラ

    夏頃婚姻色になったオスを見て、「あの魚なに!?」と聞かれるオハグロベラ。確…

  4. ハナタツ

    越前海岸のタツノオトシゴは、今のところ4種類見られています。見分け方は簡単…

  5. オオカズナギ

    越前海岸の生物では細長いギンポみたいな魚と言えば何種類か見ることができます…

  6. アオヤガラ

    越前海岸ではアオヤガラはレアな魚です。季節来遊魚なのかはわからないですが、…

  7. ホシノハゼ

    砂地に住むパッと見地味な色のハゼ。近似種のクツワハゼとは、似ていて見分けが…

  8. ノコギリヨウジ

    越前でヨウジウオというと、茶色の地味な子を思い浮かべますが、夏時期に岩の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP