menu

ホンベラ

越前海岸で同じみのベラの仲間と言えばキュウセンと並びこちらの
ホンベラ。

通常の時期は、地味な体色をしていて海藻の間をゆらゆら泳いでいるイメージです。

婚姻色になると、オスは緑色とオレンジが強くなりとてもカラフルです。

幼魚は体の大きさに対して目が大きく背びれの目玉模様も鮮やかで写真映えします。


ベラ科の魚は他の魚をクリーニングすることが知られています。
それが同じ科の魚であるベラでも関係ないようです。
ホンベラがオハグロベラをクリーニングしています。

素早くてなかなか撮りにくい被写体ですが、その分決定的な瞬間を見ることも多いです。
ぜひチャレンジしてください。

ヘビギンポ

アオハタ

関連記事

  1. シュンカンハゼ

    越前海岸のハゼでもなかなか目にすることが少ないのが、シュンカンハゼです。…

  2. オオカズナギ

    越前海岸の生物では細長いギンポみたいな魚と言えば何種類か見ることができます…

  3. キヌバリ

    「日本海で見たい魚はなんですか!?」聞くと「キヌバリが見たい」とよく言われ…

  4. トウカイナガダルマガレイ

    越前浮遊系シーズンに見られた、ほとんど透明な魚です。カレイ…

  5. マゴチ

    砂地に大きな魚がじっとしていると、たいていこのマゴチです。…

  6. クツワハゼ

  7. カサゴ

    越前で見れないことはないと言いきれるくらい、1番の普通種です。岩の上に乗っ…

  8. オハグロベラ

    夏頃婚姻色になったオスを見て、「あの魚なに!?」と聞かれるオハグロベラ。確…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP