menu

ホンベラ

越前海岸で同じみのベラの仲間と言えばキュウセンと並びこちらの
ホンベラ。

通常の時期は、地味な体色をしていて海藻の間をゆらゆら泳いでいるイメージです。

婚姻色になると、オスは緑色とオレンジが強くなりとてもカラフルです。

幼魚は体の大きさに対して目が大きく背びれの目玉模様も鮮やかで写真映えします。


ベラ科の魚は他の魚をクリーニングすることが知られています。
それが同じ科の魚であるベラでも関係ないようです。
ホンベラがオハグロベラをクリーニングしています。

素早くてなかなか撮りにくい被写体ですが、その分決定的な瞬間を見ることも多いです。
ぜひチャレンジしてください。

ヘビギンポ

アオハタ

関連記事

  1. ムスジガジ

    小さい頃は体は真っ黒ですが、ヒレにはシマシマの模様があります。ちょっと大き…

  2. スズメダイ

    中層を群れている越前を代表する魚と言えばスズメダイです。一見地味な魚ですが…

  3. マゴチ

    砂地に大きな魚がじっとしていると、たいていこのマゴチです。…

  4. シュンカンハゼ

    越前海岸のハゼでもなかなか目にすることが少ないのが、シュンカンハゼです。…

  5. ホウボウ

    越前の春にぜひ見ておきたい幼魚と言えば、1番にあげられるのはホウボウの幼魚…

  6. コウライトラギス

    越前海岸のトラギスでオーソドックスな子は、コウライトラギスです。砂利の水…

  7. マダラギンポ

    越前海岸で見られるギンポの仲間で、名前がわからなかったのがこのマダラギンポ…

  8. オオカズナギ

    越前海岸の生物では細長いギンポみたいな魚と言えば何種類か見ることができます…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP