ホンベラ

越前海岸で同じみのベラの仲間と言えばキュウセンと並びこちらの
ホンベラ。

通常の時期は、地味な体色をしていて海藻の間をゆらゆら泳いでいるイメージです。

婚姻色になると、オスは緑色とオレンジが強くなりとてもカラフルです。

幼魚は体の大きさに対して目が大きく背びれの目玉模様も鮮やかで写真映えします。


ベラ科の魚は他の魚をクリーニングすることが知られています。
それが同じ科の魚であるベラでも関係ないようです。
ホンベラがオハグロベラをクリーニングしています。

素早くてなかなか撮りにくい被写体ですが、その分決定的な瞬間を見ることも多いです。
ぜひチャレンジしてください。

ヘビギンポ

アオハタ

関連記事

  1. アカイソハゼ

    越前海岸の岩の隙間にいる、とても臆病なハゼです。アカイソハ…

  2. テンガイハタ

    越前海岸では冬から夏前くらいまで深海魚が見られるチャンスがあります。その中…

  3. ナベカ

    越前の魚でナベカは人気です。特段珍しくなく、水面下10センチの水深から見れ…

  4. サクラダイ

    越前海岸ではハナダイの仲間は珍しいですが、その1種がこのサクラダイです。…

  5. ドロメ

    実際見てみるとやや地味な色なだけなのに、残念な名前のドロメ。…

  6. ヘビギンポ

    越前海岸の普通種ですが、コンデジで手軽に撮影できる被写体として人気です。…

  7. スイ

    ヒレの型が独特の魚で、越前ではぜひ撮影して欲しい魚種の一つです。オ…

  8. ヨロイメバル

    越前では比較的珍しいヨロイメバル。体の模様で、識別は用意です。カサゴのよう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP